社員研修のこれからの役割

リーダー育成についての研修の役割

現在の多くの企業では、リーダー的存在の不足が生じていると言われています。この主な原因は、子供時代のスタイルに大きな変化が現れているからだとも言われています。
従来の子供時代の多くは、様々な年齢層の子供達が一緒になって遊んでいた事も多くありまして、遊びの中からリーダー的な役割を学んで来られた方が多くいます。近年の子供達は、同年代同士で遊ぶ機会が多くありまして、リーダー的な経験を行ってこられなかった方が多くいます。その様な子供達が大人へと成長をしまして、中堅へと歩み始めています。部下と責任を背負い、引っ張っていく思いに欠けている方が多く現れ始めているのです。
そのため、リーダー的な存在を育成するための研修の重要性が求められています。研修の内容は様々ですが、リーダー的な役割を果たして来られた、故人の言葉も参考にする事も大切です。

個性を作り出す教育が組織を破壊させる

人の個性とは、新しい価値観を生み出し、時には社会に役立てれる様なアイデアーを生み出す事もあります。そのため、個性を現す様な教育が盛んに取り入れられた時代もありました。近年に至っても、その様な個性の強い考えに価値を置いている方々も多くいます。個性とは、教育にとって大切な内容の一つですが、その個性が組織を崩壊させてしまう可能性も持ち合わせているのです。
個性の強い人は、意識が自身に集まり易くなります。個性の強い人と、個性の強い人が一緒の組織にいれば、対立が起き易くなります。会社で大切な意識決定もなかなか決まらない事も起き易くなります。
中堅になれば、部下の思いを共感的に感じ取り、何かしらアドバイスをしなければならない立場です。上司の考えている事にも応じて、仕事を遂行していかなければなりません。つまり、板挟みの間になります。組織を上手く運んで行くための研修が求められまして、集団を維持するためのコミュニケーション能力を高める事も大切です。

学生を卒業して新社会になって、まず受けたいのが新人研修です。社会の中でのルールや言葉使い、挨拶の仕方など、受けるのと受けないのではその後のキャリア形成に差が出てしまうかもしれません。