社員研修は時間外労働になるの?

仕事という感覚は薄いものの

単刀直入に言うと社員研修は時間外労働になります。確かに社員研修となると直接的にお金を生み出すような活動もしてないですし、社外の人と取引を進めるなどということもありません。社会人がプライベートでやる自己啓発の一環を会社が行っているというような感覚ではありますが、会社が人物を時間的に拘束して参加させてる場合はしっかりと給与や代休などの措置を取らせなければなりません。
土日に社員研修を行って、その後何事もなかったかのように代休などが与えられない場合は、単にサービス残業を行っているようなものです。研修を受けさせてもらい、成長の場を与えていただいているということを考えれば、気持ち的に代休などを主張することは難しいことではあります。

社員側も仕事という認識を持つ

社員研修は確かに直接的にお金を生み出すイベントではないですが、会社側は何を期待しているかと言うと社員研修でレベルアップすることによって会社に利益をもたらすことです。つまり、社員は研修を生かせずに結果を残せなかったら研修をやった意味がないですし、会社にとって無駄な投資となります。
研修が座学であれば座っているだけで時間が過ぎますし、ウトウトしながら聞くことも可能ですが、そのような態度は仕事をさぼっていることと同じであるという意識が必要です。社員研修の後は学んだことを文章にして提出することを求められるものですが、もしそのような決まりがなかったとしても学んだことを自分なりにまとめることでこれから生かしていけます。